カテゴリ:articles( 803 )

美術展へ行こう。

しばらく工事中だった北九州市立美術館・本館が平成29年11月3日に
リニューアルオープンして、記念事業に「ターナー 風景の詩」を開催
しているのは知ってたけど、今日行った美容院で、良かったよ~の声で
俄然興味が湧いた。

c0020113_15514850.jpg


このターナーも、ある作品の中でヒロインがお気に入りになった作品だし
酒を醸造中の蒸発分を「天使のわけまえ」って言ったり、ある男性の好み
ウィスキーが「マッカラン」だったり・・と、最近の作品の中から嫌~に

出てくる偶然が怖い(笑)




c0020113_16025248.jpg
常設展の草間彌生のカボチャも北斎も一緒くたに見れる機会も凄いじゃない?
って思うと、なかなかのチャンスだわ。
是非是非、道路の雪が解けたら見に行きたい。山の中にある美術館だから道路
事情が良くないと行けない。


画像はHPより借用


[PR]
by tomonisikawa | 2018-01-11 16:11 | articles | Comments(0)

16日目で突破!

c0020113_15310032.jpg
映画『神と共に-罪と罰(原題)』が、16日目ボックスオフィス1位を守った。

5日午前、映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると『神と共に-罪と罰』(以下『神と共に』、監督キム・ヨンファ、製作(株)リアライズピクチャース、(株)テクストスタジオ)は4日、1日観客数21万7048人を集めた。

4日、1000万観客数を突破した『神と共に』は、この日累積観客数1018万3695人を動員した。これと共に12月20日公開、16日間ボックスオフィスのトップを守っている。先立って『神と共に』は、歴代公開された韓国映画のうち16番目(映画振興委員会基準)で、外国映画を含むと20番目に1000万の大台に達した。

また、2014年公開、歴代最高の興行記録を立てた『バトル・オーシャン 海上決戦』(累積観客数約1761万人)の次にはやい興行速度を見せた。

相変らず1位で興行を継続しているなかで、1000万を越えた『神と共に』が今後どんな興行新記録をたてるのか関心が傾く。

イノライフより




c0020113_15531185.jpg
c0020113_15532787.jpg
※写真はエンタメコリアより借用



[PR]
by tomonisikawa | 2018-01-05 15:46 | articles | Comments(0)

1000万人突破

この映画は2部制。ジフニが活躍する第2部が上映される夏には見に行こうかしら。


c0020113_19453369.jpg

映画「神と共に - 罪と罰」(以下神と共に監督キム・ヨンファ)の万突破までわずか25万人だけを残している。

映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークの集計によると、「神と共に」は去る2日、日中、全国29万4296人の観客を動員し、毎日のボックスオフィス1位を占めた。累積観客数は975万648人。

現在千万観客までわずか25万人だけ控えた状況。毎日の興行力を見たとき、観客と「神と共に」は、封切り15日目の今日(3日)千万人の観客を超える見通しだ。

2018年新年の最初千万観客突破映画になった「神と共に」は、今千万突破より「記録」が重要である。どこまで爆発的な興行が続くか心配だ。

「神と共に」は、あの世に来た亡者が彼を導くため冥土三次社と共に49日間の7つの地獄で裁判を受けて広がる話を描いた作品。チュホミン作家のウェプトゥンを原作とした。俳優チャ・テヒョン、ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、キム・ドンウク、イ・ジョンジェなどが出演する。

ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、ユ・ヘジンなどが出演した「1987」は、21万7169人の観客を集めてボックスオフィス2位に上がった。累積観客数は269万1101人。

「鋼鉄の雨」は4万8098人の観客を動員し、ボックスオフィス3位にランクされた。累積観客数は417万6707人。「偉大なショーメン」、「劇場版ポケットモンスター君に決めた!」がそれぞれ4、5位続いた。

OSEN



『神と共に』の観客数が1千万人、売り上げは8百億ウォンの迫っている。

映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の2018年1月1日の資料基準で、『神と共に-罪と罰』の観客数は、封切り前の観覧を含めて944万9076人。累積売上額は760億825万1032ウォン。 

『神と共に-罪と罰』は、2017年12月20日に封切りされ、2018年1月3日で3週目に入る。 観客1千万人と売り上げ額800億ウォンを全て2日に達成できる。チュ・ホミン作家のウェブトゥーン『神と共に』を映画化した『神と共に-罪と罰』は、2部作中の1編に該当する。2部は、『神と共に-因と縁』という題名で8月1日封切り予定。 

『神と共に-罪と罰』の封切り3日目の観客130万人達成は、韓国映画初。12月の853万5949人は、史上最多。 

1編と2編合わせた『神と共に』の製作費は、マーケティングを含めて400億ウォンで、損益分岐点は2編合わせて1317万5503人と推定される。 現在までの興行成績では、『神と共に-罪と罰』だけで越えると思われる。

(innolife)


[PR]
by tomonisikawa | 2018-01-03 19:56 | articles | Comments(0)

専業では生きにくい?

c0020113_16241658.jpg
c0020113_16242604.jpg
c0020113_16243651.jpg
c0020113_16244581.jpg

[PR]
by tomonisikawa | 2018-01-03 16:31 | articles | Comments(0)

これね!



<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/QqCiCnLqzPw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
※youtubeより借用



何かで、読んだんだわ。
恰好良いペーターが出て来る「アルプスのハイジ・青春篇」

[PR]
by tomonisikawa | 2017-09-22 15:15 | articles | Comments(0)

応援します。

「新しい地図」
朝の情報番組での紹介を、途中から見たので良く分からなくて、サイトでチェック。





元SMAP3人組の新しいファンサイト。本格稼働は、10/16からみたい。




何か釈然としない不本意な形での解散になったけど。
SMAPを救うホワイトナイトは、現れなかったけど。


そして、そんな彼らを応援する小さな力になりたくて。












More
[PR]
by tomonisikawa | 2017-09-22 11:34 | articles | Comments(0)

漫画ミュージアム

地元の玄関口にあるのは知っていても、なかなか行く機会も無くて
今回は、S嬢のリクエストで。







北九州市漫画ミュージアム開館5周年記念特別展

「シティーハンターのすべて」






c0020113_13460680.jpg


2017年7月29日(土)~9月24日(日)

※作品保護のためカラーイラスト原画の
展示替えを行います。

<前期>7/29(土)~9/1(金)
<後期>9/2(土)~9/24(日)

北九州市漫画ミュージアム
企画展示室

(JR小倉駅新幹線口すぐ・「あるあるCity」5階)

※HPより拝借


[PR]
by tomonisikawa | 2017-09-18 13:51 | articles | Comments(0)

久々の昭和館

小倉の街の歴史ある映画館の1つ昭和館



レトロな映画館だけど、後継者が女性になってイベントが多くなったり
館内で、お菓子等を売ってなかったのに、曜日によっては提携している
ベーカリーやら、ケーキ屋やら、おにぎり屋さんの商品を上映前に予約
する形になったみたいです。



今日から上映の「本能寺ホテル」&「超参勤交代リターンズ」の2本立て
途中休憩10分ですから、合計5時間楽しめました。料金は1100円。
*レディースデーとかは900円らしい。



何故にこれを見に行ったかというと、5月に行った兵庫県姫路市の円教寺
ロケ地だったらしい。本能寺だけかと思ってたら、参勤交代も姫路城やら
赤穂市やらでのロケがあったらしい。



いつもは家から近いシネコンユーザーですが、小さな映画館も良いものです。
昔は、椅子が固いからな~って思ってたけど、改装されているのか座席には
問題は無かった。

客層は、シニア世代かな?一人だったりご夫婦だったり・・?




タイミングが合わなくて見に行けなかったけど、両方まとめて見れるって
良いわ~(^^♪



26日からは、「ラララランド」&「セッション」




[PR]
by tomonisikawa | 2017-08-12 19:12 | articles | Comments(0)

銀魂 見て来ました。

娘の何番目かに大好きな(?)銀魂




実写化の映画が面白いらしいって、妹も見に行ったらしいし
娘も見たって言ったし、ってことで負け時に見に行きました。


原作全く知らないけど、普通に諸々隠れてる話も分かったし
最近よく見る旬の若者達も、ベテランの人たちも、予期せぬ
いでたち(?)のあの人も、よ~く分かりました。


お金掛かってるよな~って思いながら
どこがCGだろ?な~って
あの衣装動きにくくない?っておもいながら、楽しく見ました。




この前の予告で、同じ小栗旬の出演映画「君の膵臓・・・」って
やってたけど、バナナのとどっちを見に行こうかな?



c0020113_15421919.jpg
        ※写真は借り物です。





[PR]
by tomonisikawa | 2017-07-28 15:51 | articles | Comments(0)

おすすめ

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CB4EgdpYlnk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

The Rose - Bette Midler (歌詞字幕)English & Japanese Lyrics


youtubeより


6月最終の「大人の基礎英語」の中で、サラが歌った映画のテーマソング。

[PR]
by tomonisikawa | 2017-07-02 13:08 | articles | Comments(0)