美術展へ行こう。

しばらく工事中だった北九州市立美術館・本館が平成29年11月3日に
リニューアルオープンして、記念事業に「ターナー 風景の詩」を開催
しているのは知ってたけど、今日行った美容院で、良かったよ~の声で
俄然興味が湧いた。

c0020113_15514850.jpg


このターナーも、ある作品の中でヒロインがお気に入りになった作品だし
酒を醸造中の蒸発分を「天使のわけまえ」って言ったり、ある男性の好み
ウィスキーが「マッカラン」だったり・・と、最近の作品の中から嫌~に

出てくる偶然が怖い(笑)




c0020113_16025248.jpg
常設展の草間彌生のカボチャも北斎も一緒くたに見れる機会も凄いじゃない?
って思うと、なかなかのチャンスだわ。
是非是非、道路の雪が解けたら見に行きたい。山の中にある美術館だから道路
事情が良くないと行けない。


画像はHPより借用


[PR]
# by tomonisikawa | 2018-01-11 16:11 | articles | Comments(0)

おお~寒い。

昨日は、強風と雨☂  BSは電波障害で映らないし。
今朝は、屋根から落ちるド~ンという雪の音で目覚めた。
明日の朝まで寒波は居座るようだけど・・。もう大変。



近場で一番高い皿倉山は、麓の街がうっすらしている時は
ド~ンと積雪。

c0020113_13291532.jpg
ロープウェイ乗り場も雪かきに追われてる。凄いね~。
後方に見えるのは「はるか&かなた」とネーミングされてる車両のひとつ。

西日本新聞記事より


[PR]
# by tomonisikawa | 2018-01-10 13:34 | tubuyaki | Comments(0)

お雛飾り

我が家の押し入れの一間分の下の部分を、ほぼいっぱい使っている
収納の箱。

組み立てると、たたみ2畳は最低でも必要だし、高さもあるから
広い部屋を明け渡さないと、ゆっくり眺められないと言う代物。


捨てるか寄贈かって思う事もしばしばだけどね~。


c0020113_13172747.jpg
この位のスペースで、片づけられるようなら何の問題も無さそう?
お内裏様とお雛様と三人官女までしか、いないけど・・。
価格的には10万円位なのは変わらないのか?三回目の年女の娘の
お節句に買った時も、その位だった。





[PR]
# by tomonisikawa | 2018-01-06 13:24 | tubuyaki | Comments(0)

早起きして

ちょっとだけ遠い?ショッピングモールまで、出かけて来ました。



c0020113_13052440.jpg
最近は、お手軽にカップドリップか、スティック珈琲を使ってるので、今回
多めに買ってみた。
更に、重たくて車からまだ下ろしてない野菜ジュースの箱もあるんだわ。



年々、お歳暮・お中元のギフトの半額セールが早くなってない?


近くのディスカウント店では、まさに今がその時期って言う頃から、早々に
大幅に値引いてる。


この後、デパートでの解体セールが始まると整理券配布して、入場制限する程
大勢の人が参戦するんだよね。
これには、日本酒は勿論、ビールもワインもある。








[PR]
# by tomonisikawa | 2018-01-06 13:15 | tubuyaki | Comments(0)

16日目で突破!

c0020113_15310032.jpg
映画『神と共に-罪と罰(原題)』が、16日目ボックスオフィス1位を守った。

5日午前、映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると『神と共に-罪と罰』(以下『神と共に』、監督キム・ヨンファ、製作(株)リアライズピクチャース、(株)テクストスタジオ)は4日、1日観客数21万7048人を集めた。

4日、1000万観客数を突破した『神と共に』は、この日累積観客数1018万3695人を動員した。これと共に12月20日公開、16日間ボックスオフィスのトップを守っている。先立って『神と共に』は、歴代公開された韓国映画のうち16番目(映画振興委員会基準)で、外国映画を含むと20番目に1000万の大台に達した。

また、2014年公開、歴代最高の興行記録を立てた『バトル・オーシャン 海上決戦』(累積観客数約1761万人)の次にはやい興行速度を見せた。

相変らず1位で興行を継続しているなかで、1000万を越えた『神と共に』が今後どんな興行新記録をたてるのか関心が傾く。

イノライフより




c0020113_15531185.jpg
c0020113_15532787.jpg
※写真はエンタメコリアより借用



[PR]
# by tomonisikawa | 2018-01-05 15:46 | articles | Comments(0)